girls' talk on Ice

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界選手権2012男子の復習をしよう (1)

<<   作成日時 : 2012/04/03 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは、森うさぎです。
また来てくれてありがとう!はじめてのあなたも歓迎です。

むしかえすようですが、見逃して気になっていた世界選手権(男子)
の演技を、これから数回にわたって復習していきましょう。
まずは Pチャン(1位:カナダのパトリック・チャン)から!
いやいや「Pちゃんに復讐しよう」じゃないですよ。復習、復習。

▼ ショートプログラム


▼ フリースケーティング


タラソワコーチも( Pチャンの採点に)お怒りのようですが、「ショ
ート・フリーの両プログラムでミスがあった」とは、こういうことだ
ったんですね。
ショートでは、ジャンプがひとつステップアウト気味なのと(これは
あまり気になりませんが)、終盤のステップでバランスを崩してます。
フリーは終盤のアクセルジャンプを跳びそこねて転倒。海外の実況が
「オイオイオイオ〜イ… 」言うてるのが笑えます。

でもまあ、Pチャンって、たいていこんなんですよ。
本人も「ヘンな転倒は、いつもの僕」みたいなことをインタビューで
言ってるようですが。
「完璧な世界王者」とアナウンサーは持ちあげ、転倒やつまづきがあ
るごとに「えっ、珍しいですね…!」みたいに言うけど、珍しくない、
ない(笑)。むしろクリーンに滑りきることのほうが珍しい。Pチャン
って、だいたい五分五分なんですから。
ミスや転倒があってもスゴイ点数が出て優勝するってだけのことで、
そこが「ダメだ … 誰も勝てない … orz 」と恐れられるゆえん。

ただ、今回は前半で4回転ジャンプを2回クリーンに降りているし、
ひとつは4回転・3回転のコンビネーションという非常に難度の高い
技。そしてトリプルアクセル(3回転半)もきれいにきまっていまし
た。ここでずいぶん点数を稼ぎましたね。
スピードにのってダイナミックなスケーティングはいつものとおりだ
し。スケーティングスキルに9点代が並ぶのは、誰も文句のないこと
でしょう。というわけで、今回は「4回転2回」が勝敗をわける鍵の
ひとつだったんですね。
来季ジョニーがこの王者に勝つには、4回転を2回跳ぶ(降りる)必
要があるってことですか。そういうことですね …。

フィギュアスケートDays Plus 2011‐2012男子シングル読本
ダイエックス出版


Amazonアソシエイト by フィギュアスケートDays Plus 2011‐2012男子シングル読本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
世界選手権2012男子の復習をしよう (1) girls' talk on Ice/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる